space

今日(京)のおばんざい、なぁに。

へんこ山田のスタッフ【ごまりこ】が綴るブログ。
京都に生まれ育って○十年。 (京都弁と大阪弁のバイリンガル?)
小さい頃から、当たり前のように身近にあった 食卓のおばんざい(日常のおかず)や食習慣、 そして風習…そんな京都(ならでは)のひとこまを 大切に残していきたいなぁ~と思う今日この頃です。
日々の暮らしの中、京都のいろいろ、旬、風物、行事、等など、 「食」をからめて、つづっていきたいです。

白玉の日~白玉だんごの黒ごまだれ

きょうは立秋です。
例年と同様、「立秋」という涼しげな文字面とは、
全く関係がないかのような、朝からカンカン照りの猛暑日でした。

さて、八月八日は、いろいろな「日」です。
「八」の形から「ヒゲの日」
「8」の形から「瓢箪(ひょうたん)の日」
「八.八」→「はは」(笑い声)ということで「笑いの日」
「8.8」→「ぱちぱち」がはじく音に通ずるから「そろばんの日」
…等など

八や8の形や読みから、いろいろな記念日に制定されているようです。

そして、8月8日は「白玉の日」でもあります!?!
「8」の字が、白玉を積み上げたようにみえるからだそうです。
ほな、まるいものは、すべて今日が記念日か?! と思ったのですが、
なんの、それだけではないのです。

「八」+「八」で「米」という字になる!ことから、
米を使った白玉を通じて穀類を見直そう!という意味で制定されたとか。

されば、白玉の日を記念して何か作りましょう!

black


「白玉だんごの黒ごまだれ」 です。

白玉だんごといえば、水でこねることが多いのですが、
これは、お豆腐を練り込んでいます。
豆腐製の白玉だんごは、栄養価が高い上、
こしがあり、時間がたっても、もちもちとやわらかなのです。

黒ごま仕立てのたれがよく合います♪

甘党の私は、さらにあんこをトッピング♪

black&


8の付く日はすべて、白玉の日にしたいくらいです!


◆ 白玉だんごの黒ごまだれ
【材料】(約4人分)
  白玉粉 100g、  豆腐 100g~110g、 
  黒練りごま 大さじ1.5、  蜂蜜 大さじ1/2、 砂糖 大さじ1.5、 
  黒すりごま 大さじ2、  醤油 少々、  塩 少々、  豆乳 大さじ2
【作り方】
 ① 白玉粉と豆腐を混ぜて、手でこねる。耳たぶくらいのやわらかさにまとめる。
 ② 水を沸騰させ、小さく丸めた白玉を入れ、浮いてきたら冷水にとる。
 ③ 黒練りごま、蜂蜜、砂糖、を混ぜる。電子レンジで20秒ほど加熱した豆乳を
   少しずつ加え混ぜて、溶きのばす。黒すりごま、醤油、塩も混ぜる。
 ④ ②の白玉の水気をきって器に盛り、③の黒ごまだれをかける。

※ 豆腐は、水分によって、量を加減してください。
※ 豆腐を入れた白玉だんごは、柔らかくコシのある食感で、時間が経っても
  固くなりにくいです。
※ 豆乳の代わりに、牛乳でもOKです。
※ 白玉は丸めてから、親指で窪みをつけると、火が通りやすく、たれも
  からみやすいです。  (まん丸でも、お好みで、どうぞ)

IMG_1879

IMG_1880

IMG_1882

IMG_1883

IMG_1886

夏はゴーヤで!

♪ ゴーヤ~よい子だ ねんねしな~ ♪

などと口ずさみながら、ゴーヤを調理しているのは私だけでしょうか。

夏はゴーヤ!
ここ数年、どんどん出回るようになり、どんどんお値段も下がってきて
嬉しい悲鳴を上げている私です。

苦い! という悲鳴を上げている方、いらっしゃいますでしょうか?

我が家はゴーヤ大好き家族で、うちの娘は、物心ついたころから(!?)
ゴーヤが大好き ♪
夏は、三日にあげず、ゴーヤを食べています。

今日は、ゴーヤで新メニューを作ってみたのですが、
なかなか好評だったので、ここにご紹介いたします。

ゴーヤの麻婆風。

go!


ごまの香りと味噌の風味で、ゴーヤの苦みが緩和されています。
苦みがどうも苦手…という方は、ややたっぷり目の油、そして、
しっかりした味付けにすることで、食べやすくなります。

ゴーヤ(またの名 苦瓜。 ツルレイシが本名?)は、栄養の宝庫!
ビタミンC たっぷり、しかも熱に強いので、
普通の野菜なら加熱したら減ってしまうビタミンC が、
そのままたっぷり摂れて、しっかり体に吸収されるようです。

あと、免疫力強化、糖尿病予防やガン予防効果、それから、
美肌効果も!
ここまで知ってしまうと、食べずにはいられません。

ここ数年、夏バテという言葉に無縁なのは、ゴーヤのおかげでしょうか?



◆ ゴーヤの麻婆風
【材料】(約4人分)
  ゴーヤ 1本、  豚薄切り肉 100g、 塩こしょう 適宜
  生姜 1片、 長ねぎ 15cm位、 豆板醤 小さじ1/2、 
黒ごま 大さじ3、  ごま油 大さじ1、  鷹の爪 1/2本、  
  A[(老)酒 大さじ3、 砂糖 大さじ1/2、 醤油 大さじ1、  みそ 小さじ2]

【作り方】
  ① ゴーヤは縦半分に切り、種とわたをとり、5mm巾に切る。軽く塩でもんで、
    熱湯をとおす。豚肉は1cmくらいに切っておく。
  ② 生姜とねぎは、みじん切りに、鷹の爪は種をとる、黒ごまは香ばしく炒って
    半量はすっておく。
  ③ フライパンに豚肉をほぐし入れて炒め、軽く塩こしょうする。
    だいたい色が変わると、豆板醤、生姜、長ねぎを加えて一炒めする。
    ①のゴーヤを入れて、ごま油をまわしかけて炒める。
  ④ Aの調味料を加えて一煮し、黒ごまを加え混ぜて、出来上がり!

※ 豚肉は、ひき肉を使うと、切る手間が省けます。 (食感が違うので、お好みで)
※ みそのお味によって、砂糖、醤油の分量は加減してください。
※ ゴーヤの苦みがかなり苦手!というゴーヤ初心者(?)の方は、
  ①の段階で、熱湯でゆでてみてください。
※ ゴーヤは苦みがないと頼りない!というゴーヤ有段者(?)の方は、
  ①の段階で、塩もみなし、湯通しなしで、go!

 

二の・・・

今日は「二の丑」です。
土用の期間は18日か19日間。
12日で十二支が一回りするので、
二年に一度は、必ず「二の丑」があることになります。

今年は、土用に入った翌日が丑の日だったので、
二度目の丑の日がやってきました♪
(また鰻の日~

スーパーのチラシには、鰻の横に「二の丑」と謳い文句を載せてるのもあるけれど
ほとんど目立ってません。
周りに「今日は鰻やねぇ♪」なんて人いましたでしょうか?
見渡す限り、盛り上がっていそうにありません。

しからば、ここで、細々と、「二の丑」の鰻。

我が家では、この前の「一の丑」の時よりもさらに少ない半尾の鰻…
(しつこいようですが、一人半尾ではなく、家族で半尾です)
今回は、柳川風に煮て、嵩増し作戦。

柳川風=ささがきごぼうと一緒に煮て、卵でとじたたもの。

鰻が少ないので、ハタケシメジも入れてみましたが、
これが食感もよく、いい味を出してくれています。

2


さて、
盛り上がりに欠ける「二の丑」から、二という数字が気になってきました。

二の足。二の舞い。二の次。二枚舌。。。

二枚目、というのは一般的には よし!とされているのかもしれませんが、
個人的には、何か面白味がない気がして、いい言葉の範疇に入っていないのです。

しかも、二月だけが二十八日しかないし…

なにやら、「二」が他の数字にない不当な扱いを受けてる気がして、考え込んでしまった、
近頃「二の腕」が気になる私でした。



◆ うなぎの柳川風丼
【材料】(約4人分)
  うなぎ(蒲焼き) 1/2尾、  ごぼう 1/2本、  ハタケシメジ 適宜、  卵 4コ、 
  三つ葉 少々、  ご飯 4杯分
  酒 大さじ3、 みりん 大さじ2、 水 2カップ、 うす口醤油 大さじ2、 塩 少々
  
【作り方】
  ① ごぼうは、ささがきにして酢水にさらし、アクを抜く。 うなぎは1cm幅に切る。
    ハタケシメジは食べやすく切る。
  ② 鍋(フライパン)に酒とみりんを入れ煮たて、水、醤油、塩を入れ、①のごぼう
    も入れて煮る。
  ③ ハタケシメジも加えて煮、 ごぼうが軟らかくなると、鰻を加えて一煮立ちさせ
    溶き卵をまわし入れて、三つ葉を散らして蒸らす。
  ④ ご飯の上にのせて、出来上がり!

  * お好みで粉山椒をかけてどうぞ。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ