錦糸瓜、またの名、そうめんかぼちゃ。
kabo
摩訶不思議な野菜です。
 (隣のにんじんは大きさの参考に…)

輪切りにして、
kabo cut
ゆでると、
あら不思議…
hogusu
こんな感じにほぐれるのです。
あたかもそうめんのごとし。
ということで、そうめんかぼちゃ(素麺南瓜)という別名があるのでしょう。

ご存知の方はご存知だと思いますが、
初めての方は、ちょっと、びっくりではないでしょうか?!
そうめん化する作業はなかなか楽しいです ♪

ともあれ、けっこう大量の黄色いそうめん?の出来上がり!
gomadare

ゆでたとは思えないシャキシャキした食感、さっぱり味で、
夏にうってつけの食材。

ごま酢、三杯酢など、酸味の効いたたれが合うように思います。
意外に、子どもにも人気でしたが、
自分で作った「そうめん」だからかもしれません。
(作った、ではなく、ほぐした(だけ)…)

にんじんとの対比でわかるように、けっこう大きいので、
1/5 程、たいてみました。
kabo taitan

一見、かぼちゃの煮物風~。
よく見ると、
kabo up
部分的にそうめん現象(?)…

ともあれ、煮つけると、ちょっと独特の風味が気になるので、
ゆでてそうめん~♪ の方が、個人的には好みです。

今度は、刺身のけんにしてみようかな~。


◆ そうめん南瓜のごま酢がけ
【材料】(約4人分)
  そうめん南京 1/4コ位、  塩 少々、 黒ごま 少々 
  ごま酢 【米酢 大さじ1.5、 砂糖 小さじ1、 塩 一つまみ、
       白練りごま 大さじ1.5 】

【作り方】
  ① 輪切りにして、種をとったそうめん南瓜をゆでる。
    (水から20分くらい)
  ② 冷水にとって、ほぐして、ざるに上げて水けをきる。
  ③ ごま酢の材料を、混ぜておく。
  ④ 器に②を盛り、③のごま酢をかけ、黒ごまをちらす。