秋です。食欲の秋。
晩ご飯にカレーを作りました。

カレーといえば夏!?
「夏はカレー!」なんてCMのフレーズが確かあったし、
夏の暑さで食欲が落ちた時には、カレーの香辛料や香りが
食欲をそそるもの。
そして、カレーの季語は「夏」ですし…?!?!?

確かに、夏にカレーは似合いますが、
四季折々、季節に応じたカレーがあるのです!!
(…と私は思うのです。好きな食べ物のこととなると、ついつい
熱くなってしまいます…

春は、やさしい味の春野菜カレー
夏は、ヒーヒー辛い、チキンカレー
冬は、アツアツをハフハフとすするカレーうどん

そして、今の季節、秋は、この中華風えびときのこのカレー!

食欲の秋、お腹がすいたら、手早くできるところが嬉しく、
今が旬のきのこが、秋を感じさせる、ちょっと中華風のカレー。

IMG_2558
(写真では、きのこが見えなくて、すみません。。。)

あまり煮込まずに作る 即席の、カレー粉から作る
ちょっと中華風のカレー。 一度お試しください。

追記:
そうそう、カレーと言えば、そのスパイスが胃腸にいい
というのは、前からよく聞きましたが、 近年、スパイスの働きで、
脳内血流が上昇し、脳の機能改善に効果がある!とも聞きます。
アルツハイマーの予防など脳の働きにも効果がある、と聞くと、
ますます積極的にカレーを食べたくなりますね。

◆ えびの中華風カレー
【材料】(約4人分)
    えび 10尾、 玉ねぎ 1個、 オクラ10本、 きのこ(舞茸、生椎茸)少々
    生姜・にんにく 各大1かけ、 豆板醤 小さじ1/2、 
    下味【塩・こしょう・酒 各少々、片栗粉 小さじ2】
    サラダ油 大さじ3、 ごま油 大さじ2、 ケチャップ 1/2カップ弱、
    カレー粉 大さじ2~3、  豆乳 2カップ、  
    A【酒 大さじ2、 みりん 大さじ1、 塩 小さじ1、醤油 大さじ1】
    仕上げ【ごま油 適宜、 お好みで 水どき片栗粉 少々、】

【作り方】
  ① えびは、殻をむき背ワタを取り、塩でもみ洗いして、縦二つに切り、
    下味をもみこんでおく。
  ② 玉ねぎ、にんにく、生姜は、それぞれみじん切りにする。
    オクラはさっとゆでておく。 きのこは食べやすくほぐして(切って)おく。
  ③ フライパン(大きいもの、或いは中華鍋)にサラダ油大さじ1を熱し、
    ①のエビを両面さっと炒めて、一旦取り出す。
  ④ ③の鍋に残りの油を入れ、にんにく、生姜を炒める。香りが立つと、
    豆板醤を入れて一炒めする。ケチャップ、カレー粉を加えてよく炒め、
    ②の玉ねぎを加えてさらによく炒める。しんなりすると、きのこを一炒めして
    豆乳を加える。
 ⑤ 一煮立ちしたら、③で取りだしたエビを戻し、Aの調味料を加えて味を調える。
      オクラを入れ、仕上げにゴマ油を回しかける。

※ とろみがもっと欲しいときは、仕上げに水溶き片栗粉を入れてください。
※ きのこは、2種類以上入れた方が、味が出ます。あと、しめじ、エリンギなども。