4月も下旬となりました。
新年度のフレッシュマン、新入生、新入社員の皆さん
新しい環境に馴染まれたでしょうか。

「新」がつくと、初々しいイメージがあります。
野菜もそう。
「新」がつくと、同じ野菜でも、その季節限定の魅力が
加味されます♪

新玉ねぎ、新じゃが、新キャベツ、新ごぼう、新生姜…等など。

いずれも、「新」がつかないものより、、
みずみずしくて、柔らかくて、ほのかに春の香りさえ感じられます。

今日は「新」のものを使って、ステーキを作ってみました。

「今夜はステーキ♪」宣言!
とは言っても、野菜…新玉ねぎのステーキです。

新玉ねぎは、水分が豊富で柔らかく甘みが強いのが特徴。
辛味が少ないので、そのままスライスして、かつお醤油などで
いただくのも美味しいのですが、焼くと 美味しさ ひときわ。
じっくり焼くことで甘みが出て、こんがりした表面にとろっとやわらかな中身、
ジューシーな口当たり。

栄養面では、疲労回復効果、血液サラサラ効果、食欲増進効果があり
新しい環境で疲れやすいこの季節に、うってつけの食材です。

新玉
上の写真は、味付けを塩胡椒だけにしたもの。
シンプルな味付けが、新玉ねぎの甘さを引き立たせます。

下の写真は、醤油と黒酢を煮つめたちょっと濃厚な味わい。
新玉2

いずれも、ごま油の風味がきいてます。
そして、
どちらも、形がくずれないように、つまようじでとめておくと
ばらけずにきれいに焼き上がるのです。
新玉1!


◆ 新玉ねぎのステーキ
【材料】
    新玉ねぎ 2個、 金ごま油 大さじ2、 塩・こしょう 適宜

【作り方】① 玉ねぎは皮をむいて芯をとり、横半分に切り、1.5~2cm幅に切る。

      ② フライパンにごま油を軽く熱し、①の玉ねぎを両面、じっくりと焼く。
       (中弱火で片面4~5分ずつ)
      ③ 粗塩とこしょうをふりかけて、出来上がり。
   
※黒酢醤油は、同量の黒酢と醤油にみりん少々を加えたものを、③の時点でからめる。