台風21号が近づいてきて、悪天候です。
10月22日は、京都の三大祭の一つ、時代祭なのですが、
今年は中止になりました。
天候理由による中止は初めて。
台風の被害がないことを祈るばかりです。

10月に入ってから、
夏が戻ってきたかのような暑い日になったかと思うと
冷え込んできて、長雨の日々、大型台風の上陸…と
不順な時候がつづきます。

そんな中、明日10月23日は二十四節気の「霜降(そうこう)」です。
霜降は、露が冷気によって霜となり、草木に降り始めるころのこと。
朝晩冷え込むようになり、日が落ちるのがはやくなり、
そして、木々が紅葉し始める…秋の深まりが実感できます。

このころから、ぼちぼちと冬支度。
暖房器具を準備し、暖かい衣類を用意する時季です。
そして、食卓にも温かな献立がうれしいころ。

秋の食材や、身体を温める野菜などを使って、
身も心もほっこりあたたかくなる料理が喜ばれます。

きょうは、これから旬を迎える長芋を使った
あたたかい汁物をご紹介いたします。

年中見かける長芋ですが、旬はこれから11月12月ころ。
秋掘りの長芋は、みずみずしくて皮がうすく美味です。
栄養的には、ミネラル豊富で、消化を助けることは よく知られていますが、
近年、長芋に含まれるたんぱく質成分に、インフルエンザを予防
する効果があることがわかったそうです。

そんな滋養ある長芋のすりおろしを混ぜた豆乳汁を
作ってみました。
長芋をすりおろして入れると、やさしいとろみがついて
冷めにくいのです。

IMG_1150

練りごまを加えることで、風味がよくなり、
味に深みが出ます。
具は、シンプルにわかめだけ。
彩りに食感のいい紅葉の生麩を入れましたが、
普通の麩でも美味しいです。

◆ 豆乳とろろ汁~ごま風味
【材料】 (約2人分)
     豆乳 300cc、  長芋 約40g(細め5cmくらい)
     白練りごま 大さじ1、 酒・みりん 各大さじ1、
     だし(濃い目) 大さじ3、 塩・うす口醤油 各少々
     わかめ 20g(戻して食べやすく切る、または乾燥を少々)、 
     生麩 2切れ     

【作り方】
   1.白ねりごまを酒、みりん、だしでときのばし、弱火にかける。
    2.豆乳、すりおろした長芋、わかめを加えて煮立つ直前に
      塩、うす口醤油で味をととのえる。生麩を入れて火を止め
      お椀によそう。
   
※ 長芋の種類によって、とろみが異なるので、お好みで量を
      加減してください。
    ※ 豆乳を入れて沸騰させると、分離したようになるので、
      弱火でゆっくり加熱して沸騰する前に火を止めます。

【今回使用したのはコチラ】

ねり白150
練りごま(白)








人気ブログランキングへ