師走も半ばとなり、慌ただしさも寒さもつのってきました。
2017年も 残り僅か、
1年の終わり、「今年の漢字」や「流行語大賞」などが発表になりました。

「今年の漢字」は「北」。
その理由の一つ、海道日本ハムに関わる選手の活躍は 嬉しいですが、
朝鮮のミサイル発射などの脅威には、未来を憂います。

そして
「流行語大賞」は「忖度(そんたく)」と「インスタ映え」。

「忖度」は、そもそも相手のことをおしはかり、配慮する心づかい のことですが、
今年話題になった「忖度」は、
上の者に気に入られようと その意向を推測してへつらう、
その胸中には、自己保身や見返りの期待が潜んでいる…ような意味。

「インスタ映え」は、Instagram等に投稿した写真が、見栄えがして、お洒落、
インパクトがある、という意味なのですが、
昨今、美味しそうな写真を撮るために注文したものを捨てたり…等など
弊害もあるよう。

今年の・・・、流行の・・・、世相から いろいろ考えさせられます。
そして、
今年の話題の「食」…

IMG_0901 (1)

今年の日本の食を象徴する「今年の一皿」は、
「鶏むね肉料理」に決定したそうです。
ぐるなび総研<食をテーマに調査・研究を行い、その成果や提言を発信する会社>

高たんぱく・低脂肪で値段も安い鶏むね肉、
消費者の心を 健康的にも経済的にも つかんだのでしょう。

また料理レシピサイトクックパッドが発表した 「食のトレンド大賞」には
「チーズタッカルビ」が選ばれました。
韓国料理の「タッカルビ」(鶏肉と野菜に甘辛ダレをかけて鉄板で焼いたもの
にチーズを溶かしてからめて食する一品。

さて、きょうは、今年の食を代表する鶏むね肉を使って、
チーズタッカルビを作りました。

IMG_0902 (1)

本来、コチュジャンを使って鉄板で焼くピリ辛の韓国料理ですが、
家庭にある調味料でアレンジして手軽にフライパンで作ってみました。
仕上げのごまらあ油で、辛さをお好みに調節してください。

鶏むね肉とたっぷり野菜でヘルシー、フライパン一つで時短。
野菜は、玉ねぎ、キャベツ、赤ピーマン、舞茸を使いましたが、
ほかにも、にんじん、長ねぎ、もやし、しめじやしいたけなど、
ありあわせのものでOK(キャベツと玉ねぎは出来れば入れてください)

年末の忙しい時期にうってつけの一品、
是非作ってみてください。

◆ ごま香る! チーズタッカルビ
【材料】(2~3人分)
    鶏むね肉 200g、 玉ねぎ 1/2コ、 キャベツ 1/4コ、 赤ピーマン 1コ
     ブロッコリー 1/2コ、 舞茸 1パック、 
     A【にんにく・生姜 小1かけ、酒・醤油・砂糖・ケチャップ 各大さじ1、 
       ごま油 小さじ1、 塩・こしょう・一味唐辛子 各少々】
     ごま油 大さじ1~2、 ピザ用チーズ120~150g
ごまらあ油 少々

【作り方】1にんにくと生姜はすりおろし、Aのほかの材料と混ぜておく。
      2 鶏むね肉を一口大に切り、Aをもみこみ、漬けておく
       (1時間~半日くらい)
      3 玉ねぎは薄切り、キャベツはざく切り、赤ピーマンは細切り、
        ブロッコリーは小房にわけ、舞茸はほぐしておく。
      4 フライパンにごま油を熱し、2の鶏肉を焼く。焼き色がつくと、
       鶏肉をはしによせて3の野菜を炒め、火が通ると全体に混ぜる。
      5 真ん中を空けて、チーズを入れて、蓋をして、チーズが溶けると
        出来上がり。
      6 チーズをからめながら、いただきます。
       お好みでごまらあ油をかけてどうぞ。

【今回使用したのはコチラ】
白ごま油275
(白)ごま油 





ごまらあ油60 
ごまらあ油










人気ブログランキングへ